【報知杯FR】勝負駆けを狙うエトヴプレ 藤岡調教師「最初からここ勝負のつもりでいた」

エトヴプレ
エトヴプレ

◆第58回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月10日、阪神・芝1400メートル=3着馬まで桜花賞の優先出走権)=栗東トレセン

 外国産馬のエトヴプレ(牝3歳、栗東・藤岡謙一厩舎、父トゥーダーンホット)はデビューから5戦を全て1200メートルで戦ってきた。2走前の福島2歳Sでオープン勝ち。前走は4着だが、勝ち馬とはわずか0秒1の差しかない。力量は十分通用する。

 28日の1週前追い切りは坂路で53秒0―12秒4で併走馬に馬なりで先着し、状態もよさそう。藤岡調教師は「時計は想定より遅かったけど、それでも動けていた。ジョッキーは『いい』と言っていたし、状態的には非常にいい」と好感触だった。

 本番の桜花賞はマイルにさらに距離が延びる。それだけに、ここでどんなパフォーマンスをみせるか。「1400メートルは、しまい脚を使えるし、一番合っていると思う。最初からここ勝負のつもりでいた」と指揮官。権利取りではなく、あくまでも勝ちにいく。メンバーの中でも、勝負気配はこの馬が一番かもしれない。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。