【桜花賞】チューリップ賞を制したスウィープフィート 鞍上・武豊騎手は桜花賞歴代最多の5勝

武豊騎手騎乗のスウィープフィート(中)はチューリップ賞V
武豊騎手騎乗のスウィープフィート(中)はチューリップ賞V

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)=4月1日、栗東トレセン  

 スィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎、父スワーヴリチャード)は“王道ローテ”のチューリップ賞を制しての参戦。前走からコンビを組む武豊騎手=栗東・フリー=は、桜花賞歴代最多の5勝。04年のダンスインザムード以来、20年ぶりの6勝目を狙う。

 前走後は2週間ほど宇治田原優駿ステーブルへリフレッシュ放牧。権利取りのかかった前走に仕上げて臨んでいただけに「やり過ぎないことがテーマ」と渡辺助手。「牝馬で気が入りやすいですし、すぐに仕上げられる。先週に1本やってピリピリしてきた。馬も競馬を分かっている」と中間の様子を伝えた。

 父スワーヴリチャードは現役時代は庄野厩舎に所属。「うちでやっていた馬でクラシックに出られるのはうれしい。調教師も力が入っていると思う」と渡辺助手は好走を願っていた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。