【桜花賞】阪神JF3着馬はリベンジへ2か月の栗東滞在 加藤士調教師「今回は慣れた状態から桜花賞にいける」

異例の長期栗東滞在で挑むコラソンビート
異例の長期栗東滞在で挑むコラソンビート

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)

 今週はいよいよ牝馬クラシック第1戦、第84回桜花賞(7日、阪神・芝1600メートル)。最優秀2歳牝馬のアスコリピチェーノはデビュー3連勝で制した阪神JFから直行し、史上9頭目となる無敗での桜の女王を目指す。阪神JFの2着ステレンボッシュ、3着コラソンビートまでいずれも関東馬。3頭は早くも栗東トレセン入りし、万全の調整を続けている。

 異例の長期滞在で桜花賞馬の座を狙う。近年は関東馬が早めに栗東トレセンに滞在して直前の長距離輸送のリスクを避けるのがトレンドだが、コラソンビートは前走の報知杯フィリーズR前の2月中旬から栗東に滞在している。

 加藤士調教師は狙いについて「直前輸送はもちろんですが、前回は初めての場所で馬も人も困惑したところがあったと思います。そういう意味でフィリーズRでは人馬ともに慣れて欲しいというのがありました」と意図を説明した。

 トレーナーの思惑通り、長期間滞在したことで、馬も担当する助手も環境に適応。「今回は慣れた状態から桜花賞にいけるので、メリットの方が大きいと思っています」と手応えを感じていた。栗東トレセンでの調整も順調で、「今回の方がマークも薄くなると思いますし、うまく出し抜いて直線を迎えられれば、一発あるのではと思っています」と阪神JF3着のリベンジを虎視たんたんと狙っていた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。