【桜花賞】スワーヴリチャード管理した調教師 天性のスピード持つ娘に手応え 「心身ともに状態いい」

父も管理した庄野調教師が期待を込めるスウィープフィート
父も管理した庄野調教師が期待を込めるスウィープフィート

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神・芝1600メートル)

 今週開幕するクラシック、第84回桜花賞・G1(7日、阪神)に、庄野靖志調教師(54)=栗東=は、管理したスワーヴリチャード産駒のスウィープフィートで迎える。

 管理したスワーヴリチャードの娘が桜花賞に出走。庄野調教師が特別な思いを胸に週末を迎える。スウィープフィートはチューリップ賞を制し、桜の舞台に駒を進める。「(自厩舎から)クラシックに向かっていける馬が出てきてくれてうれしいし、ありがたいよね」

 現3歳世代が初年度となるスワーヴリチャード産駒。レガレイラがホープフルSで産駒初のG1制覇を飾るなど、2歳部門でリーディング3位の好成績を収めたが、トレーナーは「安田記念で3着だったように、速い脚も使えていた。天性のスピードはあると思っていた」と成功を確信していた。

 現役時代は大阪杯、ジャパンCと中長距離路線でG12勝も、唯一出走したマイル戦を1分31秒4で走破。スウィープフィートを含め「リチャードにそっくりな馬は、まだ出会っていない」と明かすが、能力は受け継がれている。

 「(チューリップ賞で)今回と同じ舞台で強い競馬ができている。ためればいい脚を使うし、心身ともに状態はいい」。トレーナーは手応えを持ってスウィープフィートを送り出す。(戸田 和彦)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。