【桜花賞】セキトバイーストでG1初制覇を目指す四位調教師「春はここが目標」騎手時代は2着4回

セキトバイースト
セキトバイースト

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)=4月2日、栗東トレセン

 セキトバイースト(牝3歳、栗東・四位洋文厩舎、父デクラレーションオブウォー)は、チューリップ賞2着で桜切符をゲット。開業4年目で初G1制覇に挑む四位調教師は、騎手時代に20回騎乗。2007年のウオッカなど2着4回と桜花賞制覇には手が届かなかった。トレーナーは「春はここが目標なので、スタートを出たところでリズム良く流れに乗れれば」とレースをイメージした。

 桜花賞の権利取りがかかっていた前走は、10キロ減の442キロで“勝負駆け”に成功。「しっかり絞っていった。今回もキープできている」と仕上がりは上々。豊富なキャリアと6戦1勝、2着4回の安定感で好勝負に持ち込む。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。