【桜花賞】追い切り前日コラソンビートはリラックス 伊藤助手「しなやかさに加えてたくましさが出てきた」

コラソンビート
コラソンビート

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神・芝1600メートル)=4月2日、栗東トレセン

 栗東で調整中のコラソンビート(牝3歳、美浦・加藤士津八厩舎、父スワーヴリチャード)は、先週の1週前追い切りで矢作厩舎のシンエンペラーと栗東・CWコースで併せ馬。最終追い切りを翌日に控えたこの日は坂路で軽めの調整をした。洗い場では、あくびをしたり、甘えるしぐさを見せたりと前走からの栗東滞在でリラックスした様子がうかがえた。

 伊藤助手は「先週、矢作厩舎があのような馬(シンエンペラー)を用意していただいたことに感謝しています。その時の動きもそうだけど、しなやかさに加えてたくましさが出てきた。毎日の逍遥馬道の効果で筋肉量も増えたと思います」と様々な滞在効果を実感している。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。