【桜花賞】報知杯FRを制したエトヴプレは初のマイル戦 藤岡調教師「マイルもいいと思っている」

距離延長がカギになるエトヴプレ(右)
距離延長がカギになるエトヴプレ(右)

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)=4月2日、栗東トレセン

 報知杯FRを逃げて快勝したエトヴプレ(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎、父トゥーダーンホット)は今回がデビュー後最長となる初のマイル戦。距離延長に対応できるかがカギになる。

 「スピードがあるので、賞金加算を優先して1200メートルを使ってきた」とデビュー戦からの軌跡を振り返ったトレーナー。「前走は逃げ切ったけど、レース運びは特に決めつけずにいく。差す競馬もできているので1400メートルや1600メートルでもやれる期待はあった。マイルがどうかと思われているかも知れないけど、いいと思っている」と問題なしを強調した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。