【スプリンターズS】ソダシ全妹のママコチャでV ノーザンファーム早来・中島文彦場長「これだけのメンバーで3番人気は驚き」

スプリンターズSを制したママコチャ(右)(カメラ・池内 雅彦)
スプリンターズSを制したママコチャ(右)(カメラ・池内 雅彦)

◆第57回スプリンターズS・G1(10月1日、中山・芝1200メートル、良)

 秋G1開幕のスプリント戦は16頭立てで争われ、3番人気のママコチャ(牝4歳、栗東・池江泰寿厩舎、父クロフネ)が川田将雅騎手を背に好位から進め、ゴール前で内をさばいて伸びてきたマッドクール(坂井瑠星騎手)との競り合いを制し、G1初挑戦で重賞初制覇を飾った。芝マイルG1で3勝を挙げるソダシの全妹は、前走の北九州記念・G3(2着)が初の芝1200メートル戦だった。池江泰寿調教師は昨年のジャンダルムに続く連覇。勝ち時計は、1分8秒0。

 鼻差の2着にマッドクール、3着は1番人気のナムラクレア(浜中俊騎手)だった。

 ノーザンファーム早来・中島文彦場長(ママコチャ=1着)「これだけのメンバーで3番人気に推されたのは驚きましたが、きょうはいい位置を取れて運べましたし、馬がよく頑張ってくれましたね。実は若駒の時は腹回りが多少立派で胴が詰まった体形でしたので、これは短距離向きなのか、ダートかなと話していました。お姉さん(ソダシ)のこともあってマイル近辺で使ってきましたが、2走前のリステッド安土城S(京都芝1400メートル)でとても強い勝ち方をしてくれて、スピードを再認識しましたね。前走の北九州記念(小倉芝1200メートル)では初距離の重賞で惜しい競馬(2着)をしてくれて、それがきょうにつながりました。ママコチャの下にはどちらもモーリス産駒の1歳牡、当歳牝がおり、母ブチコは現在、ニューイヤーズデイの子を受胎中です」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。