【注目馬動向】1351ターフスプリント4着のウイングレイテストはドバイ転戦を取りやめ帰国へ

ウイングレイテスト
ウイングレイテスト

 現地時間2月24日に行われたサウジアラビア・1351ターフスプリント・G2は4着に終わったウイングレイテスト(牡7歳、美浦・畠山吉宏厩舎、父スクリーンヒーロー)が、次戦予定していたドバイのアルクオーツスプリント・G1への転戦を取りやめ、帰国することになった。ウインレーシングクラブが公式Xで明かした。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。