【注目馬動向】キングズソードはモレイラ騎手とのコンビ復活でかしわ記念へ

キングズソード
キングズソード

 前走のフェブラリーSでは5着だったキングズソード(牡5歳、栗東・寺島良厩舎、父シニスターミニスター)は交流G1のかしわ記念(5月1日、船橋競馬場・ダート1600メートル)で巻き返しを狙う。鞍上は昨年のJBCクラシックを勝った時と同じジョアン・モレイラ騎手=ブラジル=の予定。

 寺島調教師は「この後は帝王賞(6月26日、大井競馬場・ダート2000メートル)を考えていますから、間隔も考えながらという感じです」と説明した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。