国内外G1を4勝した名牝ラヴズオンリーユーに第2子が誕生 レイデオロ産駒の牡馬

ラヴズオンリーユーが父レイデオロの第2子を出産(DMMドリームクラブ提供)
ラヴズオンリーユーが父レイデオロの第2子を出産(DMMドリームクラブ提供)

 2019年のオークスを勝ち、2021年には香港と米国でG1を3勝したラヴズオンリーユー(牝8歳)の第2子が2月28日21時55分に誕生したことがわかった。レイデオロ産駒の鹿毛の牡馬で、母子ともに健康状態に問題はなく、順調に成長すればDMMバヌーシーで今夏の募集を予定している。

 椎名竜大・DMMドリームクラブ代表代行は「予定日より1週間ほど遅れての出産となりましたが、子供は生まれてすぐ立ち上がり、またラヴズオンリーユー自身も元気と聞いて安心しました。競走馬としての期待が大きいのはもちろんですが、まずは健やかに育ってほしいと願っております」とコメントした。

 2023年に誕生した初子のエピファネイア産駒の牡馬は母と同じ矢作芳人厩舎からデビュー見込みで、今年はモーリスの種付けを予定している。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。