松永昌調教師はラストウィーク12頭 ライスネイチャは「1000メートル戦で先行力を行かせれば」

松永昌博調教師
松永昌博調教師

 ラストウィークを迎えても、松永昌博調教師は普段と変わらず自然体だった。騎手としてJRA通算5845戦544勝(重賞23勝、障害3勝)。06年に厩舎を開業し11年にエイシンアポロンでマイルCSを勝ち騎手、調教師を通じて初のJRA・G1制覇。JRA通算4502戦370勝(重賞11勝、障害16勝)をマークした55年間のホースマン人生が間もなく幕を下ろす。「まだ実感は沸かないね。当日になってみないとね」と優しい笑みを浮かべた。今週末は阪神、小倉で12頭を出走させる。「乗り役の時からずっと行っていた」と言う思い出深い小倉で調教師生活にピリオドを打つ。

 土曜小倉3Rのライスネイチャは、自身が騎手時代に手綱を執り、1991~93年の有馬記念で3年連続3着馬のナイスネイチャの近親。縁の深い血統だ。「デビュー2戦目で2ハロンの距離短縮。1000メートル戦で先行力を行かせれば」と前走10着からの前進を見込む。管理馬の最後のレースは、日曜小倉12Rのウイニンググレイス。5か月ぶりの前走は3着で叩き2走目の前進も見込める。「上積みはある。小回りなので前、前で運べれば」と力が入っていた。

 【土曜阪神】

10ラインガルーダ

 【土曜小倉】

3ライスネイチャ

3ルクスリーベン

5メイショウキョウジ

7クリノフロンティア

7プルーフリーダー

11メイショウホマレ

 【日曜阪神】

2マルカビクトリー

6マルカブリッツ

 【日曜小倉】

1ウエストチェリー

4メイショウオキビ

12ウイニンググレイス

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。