【阪急杯】阪神芝1400メートル3勝の逸材 開幕週へ臨戦態勢整った 先行なら侮れない存在になる

メイショウチタン
メイショウチタン

◆第68回阪急杯・G3(2月25日、阪神・芝1400メートル)

 開幕週の芝なら、粘り込みも十分ありうる。第68回阪急杯・G3(25日、阪神・1400メートル)に出走するメイショウチタンは20日、栗東・坂路で59秒6―14秒0と大きめに乗られた。リフレッシュ放牧明けでもあり、活気のよさが目に付く。

 前走のコールドムーンSはダート2戦目で、13着に大敗した。「芝スタートでハナでも行けるかと思ったけど、だめでしたね。(走りきっていないので)ダメージはないですよ」と本田調教師は不敵な笑みを浮かべた。

 2か月間隔は空いたが、15日に栗東・CWコースで6ハロン82秒6―11秒3をマーク。すでに臨戦態勢は整っている。「開幕週の芝はいい。自分の形に持ち込めれば」とトレーナー。芝1400メートルの持ち時計1分19秒5は登録メンバー中、2位タイ。この舞台でも3勝しており、先行できれば侮れない存在だ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。