【注目馬動向】クラウンプライドなどサウジ組3頭がドバイの招待を辞退

サウジカップは9着だったクラウンプライド(馬上はモレイラ騎手)
サウジカップは9着だったクラウンプライド(馬上はモレイラ騎手)

 サウジカップ・G1で9着だったクラウンプライド(牡5歳、栗東・新谷功一厩舎、父リーチザクラウン)は、ドバイ・ワールドカップ・G1(3月30日、ドバイ・メイダン競馬場・ダート2000メートル)の招待を辞退することが2月28日、分かった。サウジカップを出走取消となったメイショウハリオ(牡7歳、栗東・岡田稲男厩舎、父パイロ)も、ドバイには転戦しない。

 また、1351ターフスプリント・G2で10着だったバスラットレオン(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎、父キズナ)も、ゴドルフィンマイル・G2(3月30日、ドバイ・メイダン競馬場・芝1600メートル)の招待を辞退する。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。