【注目馬動向】パンサラッサがジャパンCに登録 チャンピオンズCとの両にらみ

パンサラッサ
パンサラッサ

 今年3月に世界最高1着賞金1000万ドル(約13億円)のサウジCを制したパンサラッサ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ロードカナロア)が、ジャパンC・G1(11月26日、東京競馬場・芝2400メートル)に登録することが11月12日、分かった。管理する矢作調教師が明らかにした。

 昨年のドバイ・ターフも含め海外G1で2勝を誇る同馬はチャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル)での復帰を見据え、11月2日に栗東へ戻っている。矢作調教師は「選択肢の一つとしてジャパンCに登録し、馬の状態を見ながら、チャンピオンズCと両にらみで決めていきます。入厩後の状態は極めて良好です」と説明。G1・5連勝中のイクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎、父キタサンブラック)や3冠牝馬リバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)など、豪華メンバーが集まる大一番に参戦する可能性も出てきた。

 また、僚馬でJBCスプリント7着のバスラットレオン(牡5歳、父キズナ)は、香港マイルの招待が届いたが辞退。鮫島克駿騎手=栗東・フリー=との新コンビで登録のあるマイルCS・G1(11月19日、京都競馬場・芝1600メートル)に出走する。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。