【中山5R・2歳新馬】クリスマスパレードが快勝 石川裕紀人騎手「能力があるし、伸びしろもある」

デビューVを飾ったクリスマスパレード(カメラ・荒牧 徹)
デビューVを飾ったクリスマスパレード(カメラ・荒牧 徹)

 12月3日の中山5R・2歳新馬(芝2000メートル=16頭立て)は単勝2番人気のクリスマスパレード(牝2歳、美浦・加藤士津八厩舎、父キタサンブラック)が直線で早めに先頭に立つと、そのまま1馬身1/4差をつける完勝だった。勝ち時計は2分0秒7(良)。

 好スタートから道中は2番手をキープ。3角から早くも先頭に並びかけ、4角でやや外にふくれるところはあったが、直線は力強く抜け出し、後続の追撃を許さなかった。

 石川騎手は「スタートから最後まで押っつけ通しでしたが、最後は振り切ってくれました。今日は能力だけで勝ったぶん、まだ伸びしろがあるし、距離はもっとあってもいいですね」と評価した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。