【阪神5R・2歳新馬】サトノエンパイアが切れある走りでデビューV 北村友一騎手「理想的な競馬ができた」

阪神5Rの新馬を勝ったサトノエンパイアと北村友(左)
阪神5Rの新馬を勝ったサトノエンパイアと北村友(左)

 12月3日の阪神5R・2歳新馬(芝1600メートル=9頭立て)は単勝1番人気のサトノエンパイア(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎、父サトノクラウン)がゴール前でしっかりと抜け出し、初陣を飾った。勝ち時計は1分38秒2(良)。

 道中はマイペースで逃げるスキルハンターの2番手から追走。直線では同じく好位につけていたジューンバタフライを引き連れるように脚を伸ばし、ゴール前で先頭に立った。「理想的な競馬ができたと思います。馬とのかみ合わせで、難しいところがあります」と北村友。上がり3ハロン34秒3が示す通り、切れ味を感じさせる走りだった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。