JRA職員9人が野球賭博 内部通報制度で発覚し停職3日の懲戒処分に

JRA
JRA

 日本中央競馬会(JRA)の職員9人が、プロ野球の成績を利用して現金を賭ける「野球賭博」をしていたことが12月23日、分かった。金銭のやり取りをしていたのは、いずれも40~50代の男性管理職。JRAは11月下旬に9人を停職3日の懲戒処分とした。JRAは個人情報保護の観点から部署や肩書は明らかにしておらず、9人はすでに業務に復帰しているという。

 JRAによると、9人は2016~2019年、就業時間外にプロ野球の成績を基にした賭けを行い、金銭を受け渡ししていた。年間で11万円をもうけた職員がいた一方、年間で9万円の損失を出した職員もいた。今年11月2日に内部通報制度を通じて「野球賭博をやっている職員がいる」という趣旨の通報があり、その後の調査で9人は関与を認めたという。

 JRAは12月上旬に監督官庁である農林水産省に口頭で事実関係を報告。「再発防止を強く求める」との指導を受けたという。賭博罪にあたる可能性があるため、すでに警察にも相談し「刑事告発ではなく、JRA内で厳正な処分をすることが適切と判断した。今後も警察の意見は聞いていく」としている。

 再発防止へJRAは12月3日、全職員に注意喚起のメールを送信。JRAは「JRA職員としてふさわしくない行為であり、お恥ずかしい限り。関わった者については厳正に処分をいたしました。このような事案が繰り返されることがないように、再発防止に取り組んでまいります」と陳謝した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。