2019年京王杯2歳S、2020年アーリントンCの覇者タイセイビジョン死す 放牧先で心不全を発症

昨年11月の京阪杯がラストランになったタイセイビジョン
昨年11月の京阪杯がラストランになったタイセイビジョン

 JRAは2月2日、2019年京王杯2歳S・G2、20年アーリントンC・G3を制したタイセイビジョン(牡6歳、栗東・西村真幸厩舎、父タートルボウル)が、1月31日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。

 同馬は放牧先の滋賀・ノーザンファームしがらきで心不全を発症し、死んだ。

 通算21戦3勝。総獲得賞金は2億2693万円。昨年11月27日の京阪杯(14着)がラストランとなった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。