ミカエル・ミシェル騎手「だるまをいつも側に置いて、勉強しています」JRA通年騎手免許試験へ猛スパート中

JRA通年騎手免許試験に向けて勉強に励むミカエル・ミシェル騎手(本人提供)
JRA通年騎手免許試験に向けて勉強に励むミカエル・ミシェル騎手(本人提供)
だるまを置いて勉強に励むミカエル・ミシェル騎手(本人提供)
だるまを置いて勉強に励むミカエル・ミシェル騎手(本人提供)

 フランスの女性ジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手(28)が9月12日、間近に迫ったJRA通年騎手免許試験受験への思いを語った。

 昨年、JRA外国人騎手を目指して初受験したが、一次の筆記試験で不合格。2度目の挑戦となるが、ミシェル騎手は「私にとってJRAのジョッキーになることは、最も大きな夢であり、目標なので、試験を受けるために、また日本に戻ってこれるのはとてもうれしいです」と思いを語った。

 筆記試験対策に向けて、1年かけじっくり勉強に時間を割いたそうで「日本のジョッキーとして必要な知識や規則はもちろんですが、今年は競馬法が制定されてから100周年なので、日本の競馬の歴史や歩みなどについても、資料を取り寄せて勉強しました」と、試験に向けて余念がない。

 さらに日本語もだいぶ上達してきたそうで、「しゃべることもそうですが、ひらがなもだいぶ覚えて、書くこともできるようになりました」と成果を語る。

 9月下旬の試験までに来日する予定。「日本にいた時にいただいた、だるまをいつも側に置いて、勉強しています。両方の目に黒目が入れられるよう、試験の日まで、せいいっぱい準備していきます」と目を輝かせた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。