【凱旋門賞】スルーセブンシーズが初めてエーグル調教場の芝コース単走 尾関師「いい走り」

スルーセブンシーズ
スルーセブンシーズ

◆凱旋門賞・仏G1(10月1日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)

 スルーセブンシーズ(牝5歳、美浦・尾関知人厩舎、父ドリームジャーニー)はエーグル調教場の芝直線コースで6ハロンを単走で追われた。

 尾関調教師は「初めての調教コースということで、人馬ともに多少戸惑ったところはありましたが、しまいはストライドも大きく、いい走りができていました。鞍上の感触も良く、馬の息遣いも上がってきており、ここまでいい状態で来ることができていると思います」と納得の様子。騎乗した矢原助手も「馬の調子も上がってきていますし、順調に進められていると思います」とコメントした。

 同馬は、日本時間15日に出国し、現地時間同日(日本時間16日午前2時25分)にフランスのパリ郊外、シャンティイのニコラ・クレマン厩舎に到着していた。


最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。