【富士ステークス展望】2走前の京王杯SCで重賞制覇を果たしたレッドモンレーヴが中心

富士ステークスの登録馬。※騎手は想定
富士ステークスの登録馬。※騎手は想定

 第26回富士ステークス・G2が21日、東京の芝1600メートルで行われる。

 2走前の京王杯SCで重賞制覇を果たしたレッドモンレーヴ(牡4歳、美浦・蛯名正義厩舎)。その勢いで挑んだ安田記念でも強豪マイラー相手に6着と見せ場十分のレースを披露した。充実一途の現状、このメンバー構成なら、重賞2勝目があって不思議ない。

 東京新聞杯2着と条件ばっちりのナミュール(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)、NHKマイルC勝ち馬のシャンパンカラー(牡3歳、美浦・田中剛厩舎)、札幌記念3着からの参戦ソーヴァリアント(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)は初距離での新味に期待。

 復活が待たれるイルーシヴパンサー(牡5歳、美浦・久保田貴士厩舎)、久々にマイルを走るステラヴェローチェ(牡5歳、栗東・須貝尚介厩舎)、NHKマイルC4着と最適距離で即反撃したダノンタッチダウン(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)がエントリー。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。