【中山記念】皐月賞馬ソールオリエンスが最終追い切り 手塚調教師「精神的に落ち着いて、乗りやすくなった」

Wコースで3頭併せを行ったソールオリエンス(中、馬上は田辺裕信騎手)。左はドゥラモンド、右はレヴォルタード(カメラ・荒牧 徹)
Wコースで3頭併せを行ったソールオリエンス(中、馬上は田辺裕信騎手)。左はドゥラモンド、右はレヴォルタード(カメラ・荒牧 徹)

 ◆中山記念・G2(2月25日、中山・芝1800メートル=1着馬に大阪杯の優先出走権)追い切り=2月21日、美浦トレセン

 有馬記念8着からの巻き返しを狙うソールオリエンス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父キタサンブラック)が、美浦トレセンで最終追い切りを行った。

 道中は3頭併せの2番手を追走。直線では僚馬2頭の真ん中に進路を取り、最先着を果たした。全体時計は6ハロン85秒5と平凡だったが、ラストはシャープに伸びて11秒4。2週連続でまたがった田辺裕信騎手は「先週から劇的な変化はないけど、右回りの感触を確認できたのは良かった」と評価した。

 手塚調教師は「調教量は足りているし、仕上がりはいい。兄姉はカリカリするタイプみたいだが、この馬は古馬になって精神的に落ち着いて、乗りやすくなった」と成長を実感する。

 さらなる飛躍の年にするべく、まずは皐月賞を制した得意の中山で好スタートを切る。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。