【中山記念】ソールオリエンスは追い切り後も順調 手塚調教師「毛づやは有馬記念の時よりいい」

ソールオリエンス
ソールオリエンス

 ◆第98回中山記念・G2(2月25日、中山競馬場・芝1800メートル=1着馬に大阪杯優先出走権)

 昨年の皐月賞馬で、前走の有馬記念8着から巻き返しを狙うソールオリエンス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父キタサンブラック)は2月23日、美浦・坂路を62秒8―15秒3で駆け上がって順調な仕上がりをアピールした。手塚調教師は「毛づやは有馬記念の時よりいい。内臓面はいいのでしょうね」と、体調の良さにうなずいた。

 今週は中山競馬場がある関東地方の天気が悪く、週末まで道悪が残る可能性がある。馬場について指揮官は「悪い馬場は(皐月賞で)経験があるので大丈夫。開幕週ならそんなに悪くならないと思う。あとは中山の1800メートルという舞台がどうか」と、ポイントを指摘した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。