【シンザン記念】マテンロウオリオンの昆調教師「典ちゃんは何するか分からない」 前走と違うスタイルで重賞V 

好位から差し切った横山典弘騎乗のマテンロウオリオン(右)
好位から差し切った横山典弘騎乗のマテンロウオリオン(右)

◆第56回シンザン記念・G3(1月9日、中京競馬場・芝1600メートル=良)

 今年最初の3歳重賞は、横山典弘騎手が手綱を取った4番人気のマテンロウオリオン(牡3歳、栗東・昆貢厩舎、父ダイワメジャー)が2連勝で重賞初制覇を飾った。新馬戦は2着に敗れたが、格上挑戦の1勝クラス(万両賞)を勝ち上がった実力を発揮。好位から直線で抜け出すと、後続の追撃を首差で封じた。勝ち時計は1分34秒1。

 2着は2番人気のソリタリオ(クリスチャン・デムーロ騎手)。際どい3着争いは3番人気のレッドベルアーム(川田将雅騎手)が制した。1番人気のラスール(クリストフ・ルメール騎手)は7着だった。

 昆貢調教師(マテンロウオリオン=1着)「典ちゃん(横山典弘騎手)は何するか分からない。それがあの人の魅力だけどね。いろんな競馬ができて楽しみになった。型にはまらなくても色んな競馬ができる。ローテ的には厳しかったですけど、そこをクリアしてくれた。春の大目標であるレースが見えたし、ちょっとゆっくりさせてあげようかな」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。