【セレクトセール】ノースヒルズが史上3位の5・2億円で落札したコントレイル産駒は福永厩舎へ 前田幸治氏「最大の開業祝い」

福永祐一調教師
福永祐一調教師

 日本最大の競走馬のセリであるセレクトセール2023(主催・一般社団法人日本競走馬協会)は、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで2日目を迎えた。7月11日は今年生まれた当歳馬のセールで、午前9時30分にスタートした。

 上場番号360番「コンヴィクション2の2023」(牡、父コントレイル)は5億2000万円で落札された。コントレイル産駒は、この日4頭目の億超え。母はアルゼンチンのG1勝ち馬。5億2000万円は日本の競走馬セールで史上3位となる高額だった。購買者は(株)ノールヒルズ。

 同馬の生産者、馬主でもあったノースヒルズの前田幸治代表は「この馬が1番良かった。顔やバランス、脚も筋肉もいい。歩かせると柔らかい。3億くらいと思っていたけど。いい馬なので引くに引けなかった」と説明。さらに「福永祐一調教師への、僕の最大の開業祝いです」と言葉を続けた。

 来春に開業予定の福永祐一調教師は「コントレイルらしい品と体のバランスの良さを感じています。牧場と連携して、競走馬としてしっかり整えていければと考えております」と気を引き締めていた。

コンヴィクション2の2023(手前)(C)Japan Racing Horse Association
コンヴィクション2の2023(手前)(C)Japan Racing Horse Association
コンヴィクション2の2023(手前)(C)Japan Racing Horse Association
コンヴィクション2の2023(手前)(C)Japan Racing Horse Association

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。