【サウジアラビアRC】1番人気ボンドガールは2着 手塚師「直線を向いてこれならと思ったが…」

2着のボンドガール(手前)(カメラ・荒牧 徹)
2着のボンドガール(手前)(カメラ・荒牧 徹)

◆第9回サウジアラビアロイヤルC(10月7日、東京競馬場・芝1600メートル=良)

 2015年以降の勝ち馬から4頭のJRA・G1馬が出ている「出世レース」は9頭立てで行われ、単勝3番人気で松山弘平騎手騎乗のゴンバデカーブース(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎、父ブリックスアンドモルタル)が最後方から直線で鋭く抜け出し、無傷の2連勝で重賞初制覇を飾った。父のブリックスアンドモルタルは今年の新種牡馬で、産駒のJRA重賞初制覇となった。勝ち時計は1分33秒4。

 2馬身差の2着は単勝1番人気のボンドガール(川田将雅騎手)、さらに首差の3着は単勝2番人気のシュトラウス(クリストフ・ルメール騎手)だった。

 手塚貴久調教師(ボンドガール=2着)「勝ち馬が強かったですね。ゲートの中で落ち着きがなく出負けして前半少し力むところもあったが、その後はスムーズだった。直線を向いてこれならと思ったが、外からきた勝ち馬に離されてしまった。賞金を加算できたのは良かった」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。