【チャンピオンズC】3連単190万円超え馬券を演出 12番人気ウィルソンテソーロが大健闘2着

2、3着に伏兵が激走した波乱決着の払戻金を示す電光掲示板
2、3着に伏兵が激走した波乱決着の払戻金を示す電光掲示板

◆第24回チャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

 第24回チャンピオンズCが3日、中京競馬場で行われ、スポーツ報知コラムニストの坂井瑠星騎手(26)=栗東・矢作厩舎=が騎乗した1番人気のレモンポップが初距離、大外枠を克服し、前走の南部杯に続く逃げ切りでG1・3勝目を飾った。フェブラリーSとの同一年JRAダートG1ダブル制覇は史上4頭目。2着に12番人気ウィルソンテソーロ、3着にも9番人気のドゥラエレーデが入り、3連単190万2720円の波乱となった。

 後方から一頭だけ、猛然と2着に追い込んだ。12番人気のウィルソンテソーロが4角13番手からメンバー最速の上がり36秒6の末脚を全開。勝ち馬には1馬身1/4差及ばずも低評価を覆し、3連単190万2720円の波乱を呼んだ。

 4年目の原は「タイミングが悪く出遅れて、差す競馬しかないと思った」と腹をくくった。直線で外に持ち出すと、大きなアクションで初タッグの相棒を鼓舞した。「追い出すのにもたついて、逃げ切られてしまったのは(自分が)ふがいない」と敗戦の責任を背負ったが、昨年の阪神JF(ミシシッピテソーロ5着)以来となる2度目のG1騎乗で大健闘。重賞未勝利の23歳は「緊張しないで、条件戦と同じように乗れた」と胸を張った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。