【大井4日4R・2歳新馬】大物見参!ピコアーガイルが7馬身差圧勝 矢野貴之騎手「バネがあっていい馬」

デビュー戦を7馬身差で勝ったピコアーガイル
デビュー戦を7馬身差で勝ったピコアーガイル

 12月4日の大井競馬で、2歳新馬戦が2鞍(いずれも1200メートル)行われた。

 4R(7頭立て)は、豪州産のピコアーガイル(牡、大井・沢佳宏厩舎、父ジャスティファイ)が好スタートから先手を取ると直線でも楽な手応えで7馬身差をつけた。タイムは1分14秒9(良)。今開催に向け、計画的に減量して52キロで騎乗した矢野貴之騎手は「バネがあっていい馬。半年遅れ(2021年9月15日生まれ)の感じでまだ子ども。一回りも二回りも大きくなってほしい。スピードが違ってハナに立ったが、砂をかぶってこその馬」。父は2018年の米3冠馬のジャスティファイ。期待値が高かった評判馬が上々のデビューを飾った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。