【阪神JF】好調、小栗厩舎が送り込むデビュー2連勝のプシプシーナ 陣営「レース後、獣医師さんも驚くぐらい」

プシプシーナ
プシプシーナ

◆第75回阪神JF・G1(12月10日、阪神競馬場・芝1600メートル)=栗東トレセン、12月4日

 今春、栗東で開業した小栗実厩舎。先週は2歳馬で2勝を挙げ、上昇カーブを描いて厩舎初のG1に挑む。僚馬のナナオに続いて参戦が決まったプシプシーナ(牝2歳、父エピファネイア)は、11月26日の白菊賞でデビュー2連勝を飾った。

 担当の永戸助手は「レース後、獣医師さんも驚くぐらいでした。がれることなく『全然、中1週でいけそう』と。坂路の馬場入りも、むしろ落ち着きが出ました。逍遥馬道でも1頭で堂々と歩いて、いい精神状態ですよ。先週金曜の時点で414キロ。状態は前走以上かも」とタフさに目を細める。

 その前走は、1000メートル通過が61秒6のスローに持ち込んでの逃げ切り勝ち。「スタートは速いですが、無理に行かなくてもいいと思います。調教で併せたり、後ろから抜かれても全然、動じません。仮にインなどで囲まれる競馬になっても大丈夫と思います。まだ非力なので、阪神の坂を克服してくれれば」とポイントを挙げた。

 12月6日の最終追い切りでは、新コンビの浜中俊騎手が手綱を執る予定だ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。