【有馬記念】3年連続参戦のディープボンドは坂路で2週前追い切り 陣営「来週ビシッとやる予定」

ディープボンド
ディープボンド

◆有馬記念・G1(12月24日、中山・芝2500メートル)2週前追い切り=7日、栗東トレセン

 3年連続で参戦となるディープボンド(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)は、この日、坂路で54秒5―12秒6をマーク。順調に調整を進めており、谷口助手は「今日はサラッとです。使っている馬だし、年齢を考えても、ビシバシやらなくてもいいですね。来週ビシッとやる予定です」とうなずいた。

 一昨年はエフフォーリアに続く2着と好走。凱旋門賞からの臨戦だった2021、2022年と今年は異なるローテーションだが、同助手は「状態は変わりません。順調にきています」と話した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。