【京都3R・3歳新馬】ガウラスパークが2番手から抜け出してV 池添謙一騎手「楽しみを持てる馬」

ガウラスパークがデビュー勝ち(カメラ・高橋 由二)
ガウラスパークがデビュー勝ち(カメラ・高橋 由二)

 2月11日の京都3R・3歳新馬(ダート1800メートル=14頭立て、サテフィカが出走取消)は、2番人気のガウラスパーク(牡、栗東・高柳大輔厩舎、父ロジャーバローズ)が2番手から抜け出し、デビューVを飾った。勝ち時計は1分55秒3(良)。

 532キロの大型馬で、母ガウラミディと同じく新馬勝ちとなった。池添謙一騎手は「今週の追い切りが、すごくいい動きをしていたので、調教通りならいいレースできるんじゃないかなと思っていました。まだ返し馬でもちょっと息遣いに余裕があったので、体自体は余裕がありそうでした。レースは1~2角で少し砂を嫌がるところはありましたが、向こう正面で外に切り替えてからは、ずっと手応え良くいい形で走れました。直線で抜け出してからは遊んでいたというか、(後ろから)馬が来るまでフワフワしていましたが、見えてからは、またしっかり脚を使ってくれました。まだ全体的に余裕があるので、これから良くなってくると思います。楽しみを持てる馬だと思います」と能力を評価した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。