【東京10R・バレンタインS】9歳馬レッドヴェイロンが差し切り勝ち 吉田豊騎手「東京1400メートルは走る」

勝利したレッドヴェイロン(カメラ・荒牧 徹)
勝利したレッドヴェイロン(カメラ・荒牧 徹)

 2月11日の東京10R・バレンタインS(4歳上オープン、ダート1400メートル=15頭立て、コンシリエーレ出走取消)は、6番人気のレッドヴェイロン(牡9歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父キングカメハメハ)が直線で差し切り勝ちし、9歳になって初のオープン勝ちを果たした。勝ち時計は1分24秒0(稍重)。

 道中は13番手を追走。前半1000メートル59秒8の平均ペースの中、後方で脚をため直線で大外に出し、満を持して追い出されるとメンバー最速の上がりを駆使して豪快に差し切った。吉田豊騎手は、「ここ2戦もこういう競馬だったのでじっくりためて行きました。直線も外に出してから良く伸びてくれました。こういう競馬が板についてきましたし、東京の1400メートルは走りますね」とパートナーをたたえていた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。