女性でJRA初の実況を務めたアナウンサーに聞く 藤原菜々花アナ「緊張と責任を感じました」

中山3レースで女性としてJRA初の場内実況を行った藤原菜々花アナウンサー(カメラ・荒牧 徹)
中山3レースで女性としてJRA初の場内実況を行った藤原菜々花アナウンサー(カメラ・荒牧 徹)

 3月3日、ひなまつり当日の中山3Rで、JRA初の女性アナウンサーによるレース実況が行われた。

 担当したラジオNIKKEIの藤原菜々花アナウンサーが12R終了後に取材に応じ「率直に言うと申し訳ない気持ちです。最後の直線でもたついてしまい、実況を聞いている方や関係者に申し訳なかった」と心境を吐露。「自分の声が場内に響き渡るので、緊張と責任を感じました」と初めてのアナウンスを振り返った。「これを反省に、これから頑張っていければ」と聞いている人がレースだけに集中できる実況アナウンサーを目指していく。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。