【こちら日高支局です・古谷剛彦】一番時計は九州産馬、レッドランタン2022

一番時計を出したレッドランタン2022(左)
一番時計を出したレッドランタン2022(左)

 23日に中山競馬場で開催される「JRAブリーズアップセール」に上場される、JRA育成馬の展示会が2週にわたって行われる。まずは2日、宮崎育成牧場で実施された。午前10時から22頭(牡、牝とも11頭ずつ)が比較展示に登場。全馬の展示が終了後、第1班(牡馬)と第2班(牝馬)に分かれて調教供覧が行われたが、牝馬のなかで2頭は比較展示のみ(12番、74番)、2頭は軽い調教での、供覧(52番、72番)となった。

 調教供覧は2頭併せが基本だが、第1班と第2班で1頭ずつ、単走で好時計をマークした馬もいた。ブリーズアップの意義である「時計より走法」をアピールし、2ハロンを13秒-13秒で駆けることを意識して調教供覧に挑んでいた。この日の一番時計は、第2班の1組目で外を走ったレッドランタン2022(牝、父エスケンデレヤ)の2ハロン24秒7-12秒1だった。

 レッドランタン2022は九州産馬の一頭で、母が新潟芝1200メートルで勝ち上がっている。近親に08年小倉2歳S3着のツルマルジャパンや、阪神で未勝利勝ちを収めたテイエムハヤブサなどがおり、2歳戦に強い牝系。ちなみに、内に併せていたカーナヴァル2022(牝、父カリフォルニアクローム)も2ハロン24秒9-12秒2とバランスの良いラップを計測したが、祖母が97年阪神3歳牝馬S2着のキュンティアで、伯母に07年ファンタジーSを制したオディールがいる。フットワークの良さでは、レッドランタン2022にひけを取っておらず、この2頭には関係者の視線も熱かった。

 1ハロンの一番時計は、第1班1組目の内ウンベラータ2022(牡、父ミスターメロディ)とローマンクィーン2022(牡、父シュヴァルグラン)の併せ馬で、2ハロン24秒8-11秒6だった。今年の新種牡馬のなかでも評判が高いミスターメロディ産駒のウンベラータ2022は、伯母に09年牝馬クラシックを賑わしたジェルミナルがいる。ローマンクィーン2022は、昨年の八戸市場で取引された一頭(700万円、税別)。伯母に08年愛オークス2着のアイスクイーンがいるなど、父や牝系のイメージと異なるスピードを備えている。

 来週は9日、日高育成牧場で育成馬展示会が午前9時から行われる。(競馬ライター)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。