【エリザベス女王杯】3番人気のナミュールは5着…横山武史騎手「道中で3度ぶつけられて馬の気持ち的に厳しくなった」

5着のナミュール(カメラ・岩田 大補)
5着のナミュール(カメラ・岩田 大補)

◆第47回エリザベス女王杯・G1(11月13日、阪神競馬場・芝2200メートル=重)

 18頭で争われ、G1・7勝の名牝ジェンティルドンナを母に持つ4番人気のジェラルディーナ(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父モーリス)がクリスチャン・デムーロ騎手を背に直線外から差し切り、G1初制覇を果たした。勝ち時計は2分13秒0。

 2着は同着で、5番人気のウインマリリン(ダミアン・レーン騎手)と、12番人気のライラック(ミルコ・デムーロ騎手)が入った。

 2020年の無敗三冠女王で、約2年ぶりとなる勝利を狙った1番人気のデアリングタクト(松山弘平騎手)は6着、秋華賞に続くG1連覇を狙った2番人気のスタニングローズ(坂井瑠星騎手)は14着、3番人気のナミュール(横山武史騎手)は5着。外国馬としては11年ぶりの出走となった愛国のマジカルラグーン(シェーン・フォーリー騎手)は18着のシンガリ負けだった。

 横山武史騎手(ナミュール=5着)「ポジションをスッと収めることはできた。ただ、道中で3度ぶつけられて馬の気持ち的に厳しくなったのが敗因だと思う。こういう馬場もマイナス材料だったかなと思います」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。