紫苑SがG3からG2へ昇格 新潟牝馬Sはリステッドに格付け JRA発表

スタニングローズ(左)が勝った昨年の紫苑S
スタニングローズ(左)が勝った昨年の紫苑S

 JRAは1月19日、日本グレード格付管理委員会による審査の結果、紫苑SのG2格付申請および、新潟牝馬Sのリステッド格付申請が承認されたと発表した。23年度の格付けが、紫苑SはG2、新潟牝馬Sはリステッドになる。

 昇格・格付けには、パターンレースレーティング(過去3年平均)および直近の年間レースレーティングが基準値以上となることが必要で、紫苑Sは、昨年のレースレーティングで、3歳牝馬限定G2基準値106を越える110・75で、パターンレースレーティングも108・58となり、基準を満たしたため昇格した。

 また、昨年G2格付けに対する警告を受けたニュージーランドT・G2については、昨年のレースレーティングが格付基準を満たしたため、引き続きG2格付けとなる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。