【注目馬動向】関屋記念を回避したエターナルタイムは放牧へ

放牧で立て直されるエターナルタイム
放牧で立て直されるエターナルタイム

 先週の関屋記念・G3を最終追い切り後に回避したエターナルタイム(牝4歳、美浦・中川公成厩舎、父ロードカナロア)は放牧で立て直しが図られることになった。

 中川調教師は「夏負け気味だったので大事をとりました。先週の土曜日(8月11日)に放牧に出しました。秋は様子を見てですね」と説明。母に重賞ホースのマジックタイムを持つ良血馬は今後、福島県のノーザンファーム天栄で調整が進められる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。