ハーツクライ産駒コンティニュアスが英セントレジャーV 日本産種牡馬の産駒が英国3冠競走をすべて制覇 次走は凱旋門賞も視野

セントレジャーを制したコンティニュアスの父、ハーツクライ
セントレジャーを制したコンティニュアスの父、ハーツクライ

 英国のクラシック3冠最終戦、セントレジャーが9月16日、ドンカスター競馬場(芝2910メートル)で行われ、ライアン・ムーア騎手が騎乗した日本産のハーツクライ産駒コンティニュアス(牡3歳、愛国・Aオブライエン厩舎)が内から抜け出し勝利。日本産種牡馬の産駒として初めてセントレジャーを制覇した。

 これまでディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが英2000ギニー(2018年)、オーギュストロダンが今年の英国ダービーを勝利していて、今回のセントレジャーVで英国3冠競走を日本産種牡馬の産駒が完全制覇したことになる。

 また英国の競馬専門紙レーシングポストは、コンティニュアスが次走、10月1日のG1凱旋門賞(パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)を視野に入れている可能性を伝えている。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。