ハーツクライ産駒コンティニュアスが英セントレジャーでG1初制覇…チャールズ国王の夢も打ち砕く

チャールズ国王(中)もガッカリ(AP)
チャールズ国王(中)もガッカリ(AP)

◆英セントレジャー・G1(9月16日、ドンカスター競馬場・芝2900メートル=9頭立て)

 ディープインパクトに続き、ハーツクライの産駒も欧州で輝きを放っているー。

 英国クラシックの3冠最終戦、セントレジャー・G1(ドンカスター競馬場・芝2900メートル)が現地時間16日に行われ、ライアン・ムーア騎手が騎乗したコンティニュアス(牡3歳、アイルランド=エイダン・オブライエン厩舎)がG1初制覇を飾った。勝ち時計は3分6秒95(重)。

 ハーツクライ産駒は日本産種牡馬の快挙を成し遂げるとともにイギリス国王の夢も打ち砕いた。スタンドで観戦したチャールズ3世所有のデザートヒーロー(牡3歳、英国=W・ハガス厩舎)を3着に退け、2着のアレスト(牡3歳、英国=J&T・ゴスデン厩舎)に2馬身3/4差をつける快勝劇。日本産種牡馬としては、英2000ギニー(2018年)を勝ったディープインパクト産駒のサクソンウォリアー、英ダービー(2023年)を制したオーギュストロダンに続き、産駒が英クラシック3冠をコンプリートする偉業を成し遂げた。

 

 この勝利でコンティニュアスは通算7戦4勝。G1初参戦のフランスダービーでは6着に敗れたが、前走の英国G2戦を勝った勢いそのままにGIタイトルを手にした。今後については、レース後に速報をアップした英競馬専門メディア「レーシングポスト」が、凱旋門賞・仏G1(10月1日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)参戦の可能性を取り上げていた。


最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。