【エリザベス女王杯】ディヴィーナはG1初制覇へCWコースで軽快 友道調教師「引き続き好調をキープしている」

Mデムーロ騎手を背にCWコースを単走で駆けたディヴィーナ(カメラ・谷口 健二)
Mデムーロ騎手を背にCWコースを単走で駆けたディヴィーナ(カメラ・谷口 健二)

◆第48回エリザベス女王杯・G1(11月12日、京都競馬場・芝2200メートル)1週前追い切り=11月2日、栗東トレセン

 前哨戦の府中牝馬Sを制したディヴィーナ(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎、父モーリス)が、重賞初制覇の勢いに乗って初のG1奪取に挑む。この日はミルコ・デムーロ騎手が手綱を執り、CWコースを単走。馬場入り直後は折り合いを欠く場面も見られたが、徐々に落ち着きを取り戻し、6ハロン80秒4―12秒1。「少し時計が速くなったけど、馬場の内を回ったぶん。引き続き好調をキープしている」と、友道調教師も好仕上がりを伝えた。

 気性面に課題を抱え出世が遅れたが、徐々に解消されてきている。「距離は違えど、ヴィクトリアマイルで4着。力はあると思う」と声に力を込めたトレーナー。母ヴィルシーナは13、14年のヴィクトリアマイルを連覇。母のきょうだいにはシュヴァルグラン、ヴィブロスとG1馬が並ぶ。良血馬がここで素質を開花させる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。