【チャンピオンズC】レモンポップ圧巻の逃げ切り 坂井瑠星騎手「強かった。その一言に尽きる」

レモンポップを史上4頭目の春秋ダートG1連勝に導いた坂井はガッツポーズ(カメラ・高橋 由二)
レモンポップを史上4頭目の春秋ダートG1連勝に導いた坂井はガッツポーズ(カメラ・高橋 由二)

◆第24回チャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル=良)

 G1馬7頭を含む豪華メンバーが集まった国内ダート王決定戦は15頭立てで行われ、単勝1番人気で坂井瑠星騎手騎乗のレモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎、父レモンドロップキッド)が優勝。前走の南部杯に続くG1・3勝目となった。この勝利で2000年のウイングアロー、2011年トランセンド、2017年ゴールドドリームに続く史上4頭目(前身のジャパンCダート時代含む)となる同一年のフェブラリーS&チャンピオンズC制覇にもなった。坂井騎手は4度目のJRA・G1制覇だった。

 勝ち時計は1分50秒6。2着は12番人気のウィルソンテソーロ(原優介騎手)、3着は9番人気のドゥラエレーデ(ムルザバエフ騎手)だった。

 坂井瑠星騎手(レモンポップ=1着)「ゲートもすごく速く、明らかに(前に)出ていたので逃げる選択をしました。距離ロスなく行きたかったのでラチ沿いを通って、なんとか我慢してくれて、いい感じだなとは思っていました。最後は一瞬止まった感じで、距離もギリギリというところでしたが、能力の高さでこなしてくれました。距離も(大外の)枠も明らかに不利な状況だったと思うけど、この馬には関係なかったし、すごい能力。本当に強かった、その一言に尽きると思います。初めての1800メートルをこなしてくれて、今後が本当に楽しみになる内容だったと思います」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。