【チャンピオンズC】12番人気ウィルソンテソーロが2着で3連単190万円超の波乱演出 原優介騎手「G1を勝てる馬だと再認識」

猛追も2着だったウィルソンテソーロ(左、カメラ・高橋 由二)
猛追も2着だったウィルソンテソーロ(左、カメラ・高橋 由二)

◆第24回チャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

 G1馬7頭を含む豪華メンバーが集まった国内ダート王決定戦は15頭立てで行われ、単勝1番人気で坂井瑠星騎手騎乗のレモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎、父レモンドロップキッド)が優勝。前走の南部杯に続くG1・3勝目となった。この勝利で2000年のウイングアロー、2011年トランセンド、2017年ゴールドドリームに続く史上4頭目(前身のジャパンCダート時代含む)となる同一年のフェブラリーS&チャンピオンズC制覇にもなった。坂井騎手は4度目のJRA・G1制覇だった。

 勝ち時計は1分50秒6。2着は12番人気のウィルソンテソーロ(原優介騎手)、3着は9番人気のドゥラエレーデ(ムルザバエフ騎手)だった。

 原優介騎手(ウィルソンテソーロ=2着)「スタートは体勢が整えられず出遅れてしまったので、差ししかないと切り替えました。今日の馬場傾向を考えると結果的に良かったかも知れません。ただ、追い出すまでにもたついて、差せる脚があったのに逃げ切られてしまいました。ふがいないです。

 馬はどんどん良くなって、G1でも2着という結果を出してくれました。改めてG1を勝てる馬だと再認識しました。(自身は)全く緊張することなく条件戦と変わらず乗れましたが、やっぱりスタートですね。僕の技術不足でした」

波乱を伝えるターフビジョン(カメラ・高橋 由二)
波乱を伝えるターフビジョン(カメラ・高橋 由二)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。