【中日新聞杯展望】日本ダービー6着以来となるホウオウビスケッツが中心

中日新聞杯の登録馬。※騎手は想定
中日新聞杯の登録馬。※騎手は想定

 第59回中日新聞杯・G3が12月9日、中京の芝2000メートルで行われる。

 日本ダービー6着以来となるホウオウビスケッツ(牡3歳、美浦・奥村武厩舎)。東京2000メートルに勝ち星があり、スプリングS2着好走の実績から、中距離への対応も問題はない。中間も順調に乗られ、初の重賞制覇へ、チャンス十分の挑戦だ。

 福島記念3着カレンルシェルブル(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)、カシオペアS2着のピンハイ(牝4歳、栗東・田中克典厩舎)、オクトーバーS勝ちのヤマニンサルバム(牡4歳、栗東・中村直也厩舎)もこのメンバーなら互角。昨年の覇者キラーアビリティ(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は、ここできっかけを作りたい一戦。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。