【阪神JF・水納の特注馬】栗東滞在中のアスコリピチェーノ しっかり攻められ、心身ともに充実

アスコリピチェーノ
アスコリピチェーノ

◆第75回阪神JF・G1(12月10日、阪神・芝1600メートル)

 今年は混戦ムードが漂うが、新潟2歳Sの勝利馬アスコリピチェーノ(牝2歳、美浦・黒岩陽一厩舎、父ダイワメジャー)に注目している。

 まずポイントに挙げたいのが、栗東滞在を選んだ点だ。今年もイクイノックスの宝塚記念、ブレイディヴェーグのエリザベス女王杯など、栗東で調整した関東馬が関西圏のG1を制した前例があり、もはやトレンド。鈴木助手は「最初はソワソワしていましたが、今は美浦にいる時と変わりません」と落ち着きぶりを明かし、精神面での不安は少なそうだ。

 栗東に入厩してからの調整過程も文句なしで、2週続けてCWコースでの7ハロン追い。11月30日は6ハロンでは同日二番目に速い、79秒3―11秒4の好時計をマークした。「このぐらいの調教をしたいと思っていて、プラン通り」と、騎乗した北村宏司騎手。しっかり攻められているのは、心身ともに充実している証拠だろう。

 今年のメンバーに重賞勝ち馬は3頭いるが、同じマイル重賞を勝っているのはアスコリピチェーノだけ。このまま栗東で順調に調整できれば、好勝負になるとみている。(水納 愛美)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。