【カペラS・吉村の特注馬】テイエムトッキュウの押し切り期待 叩き2走目で上積み十分

中山競馬場
中山競馬場

◆第16回カペラS・G3(12月10日、中山競馬場・ダート1200メートル)

 テイエムトッキュウ(牡5歳、栗東・木原一良厩舎、父ロードカナロア)は、中山のダート6ハロンで3戦して2勝、2着1回のオール連対。今年4月の京葉Sでは、前半600メートル33秒7のハイペースで逃げて3馬身差Vと後続を完封した。舞台適性の高さは間違いない。前走の室町Sは5か月ぶりで16頭立ての15番枠。厳しい条件が重なったが、0秒1差の5着と力は示した。

 ひと叩きされ、この中間は上昇気配がうかがえる。11月30日の1週前追い切りは栗東・坂路で52秒0―12秒0。ラストの伸びは目を引いた。初タイトル獲得のチャンスとみる。(吉村 達)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。