【阪神JF】四位洋文調教師、G1初勝利をかけて前走15番人気で勝ったカルチャーデイで挑む

カルチャーデイが勝てば騎手&調教師としてのダブル制覇となる四位師
カルチャーデイが勝てば騎手&調教師としてのダブル制覇となる四位師

◆第75回阪神JF・G1(12月10日、阪神競馬場・芝1600メートル)

 2歳牝馬の頂点を決める阪神JF・G1は10日、阪神競馬場で行われる。今年は好相性のアルテミスS1着馬が参戦を見送り、3枠を巡る抽選にも10頭が待機する混戦ムード。主役候補の重賞馬、カルチャーデイ(栗東・四位厩舎)は、厩舎のG1初勝利をかけて大一番に挑む。

  騎手時代にJRAで通算1586勝、G1・15勝を挙げた四位調教師は、開業3年目で初の2週連続G1となる。送り込むのはカルチャーデイ。前走のファンタジーSは15番人気だったが、低評価をあざ笑うかのように2連勝Vを遂げた。逃げ馬と2番手がハイペースで引っ張る流れを、好位から早めに抜け出す強い競馬だった。四位師は「前走は本当に驚きました。勝ち時計もいいからね。新馬戦も味のある競馬だったし、ここにきてどんどん良くなっている」と成長に目を細める。

 11月29日の1週前追い切りは酒井が手綱を執り、栗東・坂路で54秒2―12秒1をマーク。一杯に追われ、併せたウィルフルネス(4歳1勝クラス)に4馬身先着と、力強い動きだった。「1週前だからある程度やった。体も心臓もできている」と、指揮官は手応えを深めている。

 騎手時代には03年ヤマニンシュクルと06年ウオッカで2勝しており、阪神JFは好相性だったレースの一つ。ファンタジーSの勝ち馬も近10年でアルテミスS組の5勝に次ぐ2勝を挙げており、データ的にも勝機十分だが、トレーナーは「距離も大丈夫でしょう。2歳のこの時期はまだ融通が利くから。普段通りに仕上げて送り出すだけ。鼻息が荒いのは鞍上(酒井)だけですよ」と余裕を見せる。自然体を貫いた先に、待望の1勝が待っている。(山下 優)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。