【阪神JF】ファンタジーSを制したカルチャーデイは7枠13番 四位調教師「大外じゃないし奇数枠も問題ない」

カルチャーデイ
カルチャーデイ

◆第75回阪神JF・G1(12月10日、阪神競馬場・芝1600メートル)=12月8日、栗東トレセン

 ファンタジーSで重賞初挑戦Vを飾ったカルチャーデイ(牝2歳、栗東・四位洋文厩舎、父ファインニードル)は7枠13番からスタートする。「内枠が良かったけど、大外枠じゃなければいいと思っていた。奇数枠も問題ない」と四位調教師はうなずいた。

 この日は坂路を66秒6―16秒4で軽快なフットワークだった。「気合も乗っているし、いい感じ。アクシデントなくレースにいってほしいね」とトレーナー。前走は15番人気の低評価を覆しているが、今回も一発ムードが漂っている。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。