【佐賀競馬・佐賀記念 12日】ノットゥルノ復活タイ取る 陣営「JBCの試走です。何とかしたい」

交流重賞2勝目を狙うノットゥルノ
交流重賞2勝目を狙うノットゥルノ

 地方交流の第51回佐賀記念・Jpn3が12日、佐賀競馬場のダート2000メートルで12頭によって行われる。今年は11月4日に同じ舞台で行われるJBCクラシックも見据えた一戦。JRA勢では22年のジャパンダートダービー・Jpn1勝ちのあるノットゥルノが出走。このレース6勝目を狙う武豊とともに久々のタイトルを狙っている。

 大目標があるから、負けられない。これまで5か所の地方競馬場を走ってきたノットゥルノにとって、佐賀は初めてとなる舞台だ。「今年は佐賀でJBCがあるから、その試走です。ずっと勝ち切れていないですし、何とかしたい」と平井助手は力を込める。

 一線級で走り続けている。G1初挑戦初制覇だった22年のジャパンダートダービー以降、10戦中8戦でG1(Jpn1含む)に挑戦。勝ち星こそないが、22年の東京大賞典と23年のJBCクラシックで2着に入るなど果敢な先行策で存在感を示してきた。「馬はめっちゃ良くなっています。体や走り、すべての面です」。成長を感じているからこそ、結果を出したい思いが募る。

 今回は23年の川崎記念以来、久々にコーナーを6度回る。当時は向こう正面で集中力を欠き、8着と完敗。今回はそれを踏まえ、調教でゴール板を過ぎた後も気を抜かさないように気合をつけている。「他馬と斤量差はありますが、力は上だし、ゲートもすごくいいので」と同助手。しっかりと対策も施し、本番と同じ舞台で輝きを取り戻す。 

 ◆ノットゥルノ 父ハーツクライ、母シェイクズセレナーデ(父アンブライドルズソング)。栗東・音無秀孝厩舎の牡5歳。北海道日高町・下河辺牧場の生産。通算17戦3勝(うち地方9戦1勝)。総獲得賞金は1億7505万円(うち地方1億5400万円)。主な勝ち鞍は22年ジャパンダートダービー・JpnG1。馬主は金子真人HD(株)。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。