【京都記念】プラダリアが重賞3勝目 池添謙一騎手「もう一度、G1の壁に臨んでいける」

池添謙一騎手騎乗のプラダリア(手前、カメラ・高橋 由二)
池添謙一騎手騎乗のプラダリア(手前、カメラ・高橋 由二)

◆第117回京都記念・G2(2月11日、東京・芝2200メートル、良)

 4年ぶりに京都で行われるG2に12頭が出走し、3番人気のプラダリア(牡5歳、栗東・池添学厩舎、父ディープインパクト)が、重賞3勝目を飾った。池添謙一騎手、池添学調教師の兄弟コンビでの重賞勝ちは4回目。これまでヴィクティファルスで2021年スプリングS、プラダリアで2022年青葉賞、2023年京都大賞典を勝っていた。勝ち時計は、2分12秒1。

 2着は1番人気のベラジオオペラ(横山和生騎手)、3着に9番人気のバビット(団野大成騎手)が続いた。

 池添謙一騎手(プラダリア=1着)「直線で抜け出してから、内から(ベラジオオペラの)足音が聞こえてきたので、うわっと思ったけど、また差し返すように伸びてくれました。いい内容でした。返し馬からゲートまで、落ち着いて臨むことができました。3~4コーナーでいつでも動けるポジションが取れました。あとは追い出しと、抜け出してからどうかなと思っていた。強かったと思います。しぶとく脚を使ってくれたし、この感じならもう一度、G1の壁に臨んでいけると思います」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。